おコメ博士の闇米日記

日本農業(特におコメ)について考えるブログです。

おコメの基本的なデータソース

某テレビ番組で安全保障の専門家と言われる人が、大阪にスリ―パーセルと呼ばれるテロリストが潜伏してますよ、と発言したら、その根拠はイギリスの東スポことデイリーメールだったので、それはどうなのよと批判を浴びている昨今の日本社会。

それはさておき、様々な情報が飛び交う現代の高度な情報社会では、なにかを議論をする時の前提として、データおよびそのソースはとても重要になってきています。なので、今回はいい機会なので、日本のおコメに関連する基本データとそのソースを書いてみようかと。

「ソースは2ちゃん」、「ソースは東スポ」では問題ですからね。

 

1.ジャポニカ米は世界では少数派。

コメというと、世界標準では主に細長くてパサパサするインディカ米を指します。ジャポニカ米の生産は、世界のイネ栽培面積の約 20%生産量の約 10%貿易量の約 8%

 

【ソース】

国産長粒米の生産、販売等の動向  /  2017 年 3 月 13 日  /  公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構情報部 p4

http://www.komenet.jp/pdf/chousa-rep_H28-2.pdf

※資料内では以下ソースよりデータ引用。

1)「ADVANCE IN TEMPERATE RICE RESEARCH」(IRRI、2012)
2)「Annual Report 2013」(IRRI)
3)USDA ホームページ https://www.ers.usda.gov/topics/crops/rice/background/

 

2.ジャポニカ米の生産量第1位は中国.

f:id:mroneofthem:20180220182929p:plain

国別のジャポニカ米生産量を同一資料で扱ったものは見つけられていませんが、それぞれの国の統計情報によれば中国、アメリカ、日本、オーストラリアの順です。

 

1位 中国ジャポニカ米 6444万トン(2012年)*1

2位 米国短・中粒種米全体  2617万トン(2016年)*2

3位 日本ジャポニカ米  821万トン(2012年)*3

4位 豪州短・中粒種米全体  76万トン(2017年)*4

 

もちろん他の国でもジャポニカ米を生産してますが、それほど多い量ではないだろうとの推測で省いています。もしかすると見逃してる国があるのかも・・・

オーストラリアのジャポニカ米生産量のデータが見つけられてませんが、オーストラリアのコメ業界を独占しているサンライス社によれば、オーストラリア産コメの約85%がジャポニカ短・中粒種とのことなので、約76万トンくらいということになります。

 

注意しなければならないのは、中国や日本のように自給的側面が強い場合と、アメリカやオーストラリアのように輸出的側面が強い場合があるなど、国によってジャポニカ米生産の背景が違うこと。なので直近では中国産コシヒカリは中国国内にまわされるだろう見込みですが、アメリカ産コシヒカリは元々商業的なので日本にとっては直近の脅威となる訳ですね。

また、各国トレンドが違っていて、日本産のジャポニカ米生産は需要が減ってるので減少傾向ですが、中国は富裕層の増加に伴って上昇傾向です。

 

3.日本産米の輸出量50%が香港とシンガポール行き

グローバル経済の下、日本国内のコメ需要が年々減っているので、日本政府としてはコメの輸出を目論んでいるのが近年の動き。農林水産省が公表している「米をめぐる関係資料」p93*5によると、実際、輸出量は年々増加傾向で、2016年の輸出合計は9986トンで2012年の約4倍です。

f:id:mroneofthem:20180220180841p:plain

今のところ、コメ輸出先の約57%が香港とシンガポールです。

欧米で日本食ブームがあるとは言え、今のところはアメリカが8%、イギリスが3%ですから、やはりコメを主食としてきたアジア圏が強いのでしょう。

なので、日本としては香港とシンガポールのお客さんに、他の国のジャポニカ米とは差別化して売り続けることが大事になってきます。値段では叶いませんので、味や品質、安全性が生命線ですね。

 

てなことで、基本的なコメ関連情報をまとめてみました。今回はコメの国際市場を中心としたデータでしたので、今度は日本国内のコメ関連情報についてもまとめていこうと思います。