おコメ博士の闇米日記

日本農業(特におコメ)について考えるブログです。

農業用アクションカメラを比較検討

カメラの価格がジャンジャン下がってきて、消費者としては嬉しい限りの昨今。

まだ購入したことはないんですが、アクションカメラなんていうジャンルのカメラの価格も1万円以下が多数発売されてるなど相当安くなっています。

アクションカメラってのは、両手がふさがっていても動画とか写真とか撮れる設計のカメラのことですね。ウェアラブルカメラとかって言ったりもします。

こういうヤツ↘


アングル難しいアクションカメラ稲刈り撮影・2017

※この林さんって人は農チューバ―を目指してるらしいです。HPみたら23世紀型お笑い系百姓って書いてる。笑 いやぁ日本農業界には色んな人がいますねしかし。多様性豊かで素晴らしいです。

https://www.hayashisanchi.co.jp/

 

さて、農業とカメラって、関係が浅いように思えるかもしれませんが、そんな風には思っていません。なんたって、現象を正確に記録するのは記憶よりも記録

農作業でも研究でも、「あの時の水管理ってどれくらいにしてたっけ?あれ写真撮っとけばよかった!」みたいなことは結構あります。

データで残しておけば、そのとき気付いていなかったことでも、後から見返せますからね。

 

ましてや、一年に一度しか経験を積めないコメ作りでは、限られた作業時間で技術を磨かなければいけない厳しい現場。

その効率をあげるために、動画や画像を使うってことはアリだと思ってます。(逆に撮れてるからってことで集中力が下がっちゃうリスクはあると思いますが)

 

でも、カメラに何万もコストをかけるってのも違う。

基本的に、僕は日本農業はリスクヘッジと技術習得期間10年以上のタイムスパンが必要だと考えてるので、コストは下げられるにこしたことはないです。

だから、アクションカメラと言えば有名な、洒落乙なGoProなんて買う必要がない訳ですよ。これはリア充用ですよ完全に。


GoPro Awards: Freerunning Santorini

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black CHDHX-502

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black CHDHX-502

 

 3万以上しますからねぇ。

 

でもって、安くて使えるアクションカメラが欲しい所。

なのでざっくりと比較検討してみることにしました。

 

GreatCool

ちょっと名前でハードル上げ過ぎな感もあるこのカメラ。グレートクール。

言うほど外観がクールな訳でもないですが、4K1200万画素のクオリティ。

WiFi機能でスマホ等から遠隔操作も可能。腕時計型の遠隔リモコンもついています。

しかも2月10日までは3762円で買えるとのこと。時代は変わりましたな。

レビューをみてもおおむね好評で、GoProが高く感じられるとのことです。

 

Apeman

Amazonベストセラーにランクインしており最安値の3184円。

動画解像度は1080P@30fpsです。

先ほどのGreatCoolとさほどのスペック差はなさそうですが、ApemanにはWiFi搭載してないので、スマホ併用型の人には前者の方がグレートクールと思われます。

 

楽天の謎のヤツ

楽天1位のアクションカメラ。先ほどのAmazonに比べると6720円はお高め。

4K、防水、WiFi搭載はグレートクールと変わりませんしね。

レビューも厳しめですが、楽天では一番売れている。

型番のようなものが分からなかったので、謎のヤツということにしました。

 

楽天の謎のヤツ2

再びメーカー名が分からなかったこちらのアクションカメラ。

4K、防水、WiFi機能搭載で4980円なので謎1号よりはマシかと。

レビューも4件しかないが、3人が★5でした。

 

アクションカメラは1年以上前から興味があって欲望を寝かしてきましたが、アタッチメントの詳細がまだ分かっていないので、も少し考えることに。購入保留です。でもいま買うならAmazonのGreatCoolですかね。

コスパがいいアクションカメラがあったら教えてほしい所です。